骨盤とダイエットの関係について

ダイエットをしてもなかなか痩せないとか、食事を我慢することでよけいにストレスがたまってしまってドカ食いしてしまい後悔することが多いというのはよく聞く話です。じつはダイエットには骨盤のゆがみをとったり、骨盤周りを柔軟にすることで効果があるといわれています。

というのも足の付け根や骨盤周辺にはリンパがたくさんあります。きちんとゆがみをとったり、柔軟に保つように動かすことで、代謝があがったり、血流がよくなったり、リンパの流れがよくなります。自分では骨盤周りをどう動かしていいかわからないというときはヨガをやってみるのも一つの方法です。

ヨガにはあぐらを組んで呼吸を整えてからいろいろなポーズをとっていく動きがとても多いです。骨盤周りを動かしただけなのに、汗が噴き出ることも多いです。大きな動きでもないのに、体の代謝力があがっていくことで、ダイエット効果があがっていくのです。食事を我慢して一時的に体重が落ちたとしてもそれは、ダイエット成功とはいえません。

長い目でみても体幹を鍛えたり、骨盤周りの筋肉をつけたり、柔軟にしていくことで、引き締まった体系づくりを目指していくほうが見た目にも成功したといえるのです。